「自然と街のつながり」平塚が魅力的な理由

私は横浜、川崎で育ち、大磯に移住して2年目になる。大磯は平塚に隣接しており買い物や遊びで平塚に行くことがある。

その中で感じた平塚の魅力は、自然に囲まれていて景観がよく、また人があたたかいところであると思う。

地方も含めて海、山といった自然に恵まれている場所は雰囲気が良く、そういう地域で育った人は穏やかな人が多いと感じる。

神奈川県の中にも県庁所在地である横浜のような都会のイメ―ジが強い街もあれば、平塚のように自然に囲まれた街もある。自然が豊富で東京から遠いイメージがもたれると思いがちだが以外にアクセスが良いのも平塚の魅力的なところだ。

 

これから3つの項目に分けて、平塚の魅力について書いてみたいと思う。

 1.平塚の景観  


平塚駅前のようす。朝晩は通勤通学のラッシュでとても賑やかだが、平日の午後2時頃は比較的穏やかな光景が見られる。

中心市街地:スターモール商店街は、骨董市や囲碁の1000人打ちなど、様々なイベントが行われている。

平日は、買い物客もまばら。

 スターモール商店街は、道も広く銀行や証券会社、大きな店舗が並ぶ。七夕まつりの時にはたくさんの市民が七夕音頭を踊りながら練り歩くが、最近は、よさこいまつりの方が有名になっているという声も聞かれる。

四つ角。ちょっとした憩いのスペースだ。

四つ角には、このような施設案内版が立っていて、はじめて平塚を訪れた人でもわかりやすい。

 

私は大学生の時にバイトを通じて、平塚に行く機会が増えた。

平塚駅周辺の一部には繁華街があり、一見賑やかな印象を受けるかもしれないが、駅から少し離れると海・山があり、落ち着いた雰囲気を感じた。

実際に134号線沿いや山側に行ってみると、江ノ島、真鶴半島、大山、丹沢の山々が見えまた太平洋を一望できる自然の景観を観ることができる。自然の風景が好きな私にとって平塚の景観は素晴らしい。

大山を望む

2.平塚の人の人柄

私は今まで都会で育ってきた。高校生までは平塚に来ることはなく、実際に来るようになったのは大学生になってからである。その中で都会とは違った雰囲気を感じた。実際に平塚に足を運んだ時に話した人や関わった人から暖かさや優しい雰囲気がある印象を持ち、好感が持てた。

ちょっとした広場でゲートボールを楽しむ人々。和気あいあいとしていて時間がゆったり流れているように感じる。こんな雰囲気がとても気に入っている。

3.平塚の交通とアクセス

地方は、場所によっては都会や地方都市へのアクセスが不便で、「遊び」という点で満足できないことがあると思うが、平塚は自然の良さを備えた上で都会への便利さもあり、地方から移住した方でも住みやすく、居心地が良いところ、と言えるのではないだろうか。

以上が、私が感じた平塚の魅力的なところである。

せっかく近くに住んでいるので、もう少しいろんな場所に出かけていって、平塚の良いところを探してみたい。

ライター  中山 圭介