今夜、平塚市内のNPOが集まって(ひらつか市民活動連絡協議会の呼びかけ)
東北地方太平洋沖地震津波被害救援について、どのように進めていくかを検討しました。

緊急にしなければならないことー募金活動について
物資的支援についてー青年会議所と連携する
人的支援ー現地の様子を見ながら考える
上記以外の災害に関する事業等

考えることは山ほどあるが、
考えている暇はない。
被災地や被災者の皆さんは、今日をどう生きていくかがすべてである。

敏速な対応と英知を結集して望まなければならない。
幸いにも、平塚には優しくて熱い思いを持った市民がたくさんいる。
ここは、横の連携を強くして一致団結
被災者の皆さんの力になれるよう頑張りたい。