NPO法人もしくは任意団体が
活動費を捻出する方法として
事業収入を得る方法の1つとしてコミュニティビジネスがあります。
 
数年前からこのコミュニティビジネスが話題になっていますが、
コミュニティビジネスに大切なことはバランス感覚だといわれています。
 
ボランティアや市民活動には
楽しくやらなければいけない、といったことを重要視し過ぎたり、
ビジネスなら設けることが大前提
つらいことも耐えねばならないということもありますが、
CBの場合は常に反する2つの視点を持つことが必要です。
 
以下をクリック
 
 
非営利活動といっても、活動資金は必要です。
会費に頼るのか、賛助金を増やすのか・・・
そして、助成金ほどあてになるものはないと考えることも必要。
 
事業収入を見込んでNPOの経営を考えていくことが
これからのNPOを支える大きなポイントでもあります。
 
自分の団体はあくまでもボランタリー活動なのか。
社会の課題解決のために仕事として非営利事業を行うのか。
 
どちらも間違いではないが、
世のため人のために頑張っているNPOが
ジリ貧になるような時代は、そろそろ終わりにしたい。
 
自立した市民社会にしていくために。