先週の20日(月)は、当会の通常総会、および懇親会を開催しました。

会員の皆様には、日頃より陰に日向に支えてくださり

本当に感謝・感謝の一言でいっぱいです。

総会でも様々なご意見を頂戴しましたので、

団体としての基盤整備と強化へ向けて反映させていきたいと思います。

 

さて、今日は、平塚市万田にある社会福祉法人進和学園さんをお訪ねし

進和学園さんのさまざまな事業の取り組みについて伺いました。

副理事長の出縄さん、そしてサンメッセしんわの今井さんには

前回の打ち合わせに引き続き大変親切にご対応いただき

本当にありがとうございました。

設立55年目を迎える進和学園さんは、障がいを持たれたご本人を中心として

一人ひとりの命や意思を尊重した自立支援事業を展開されていらっしゃいます。

パンや焼き菓子の製造、クリーニング、紙漉きや小箱づくり、給食づくり、手芸・工芸品

エコニコロール(トイレットペーパー)、シイタケ栽培、カオリ面の製粉作業、陶芸、竹炭、etc…

手広く事業を行っていらっしゃることに感動さえ覚えました。

また、ともしびショップでは心温まる美味しいコーヒーをいただきました。

どこでも親切にあたたかく迎えてくださり、改めて心豊かに生きるとは何かを

学ばせていただいたように思いました。

      

紙すきや小箱づくり・焼き菓子製造・そして右はしいたけの原木。

   

平塚のかおり麺はここで製粉されているそうです。

作業にあたるご本人さんは自信をもって働いていました。

     

焼き物づくりの現場。薪で焼く窯とガス窯があります。

素敵な作品に目を引かれました。

 

出縄さん、今井さん、そして進和学園の皆さん、

本当にお世話になりました。

身も心も温かくなって帰路についた一行。

新しいプロジェクトへの期待も高まります。

そうそう、ベルマーレカラーのマカロンは、とても美味でした!

湘南ベルマーレにもぜひ勝ち星を重ねていただきたいですね!