市民をつなぐ 明日への架け橋 市民活動情報誌<リエゾン>

今号は、「少年犯罪と向き合う『保護司』という仕事」を巻頭ページに

少年犯罪の実態と現状を、平塚で長年保護司として活動されていらっしゃるY氏に

お話を伺ってきました。

 

そして、家庭教育の大切さが問われている昨今、

「湘南家庭教育研究会」で活動されている三上さん、長澤さんにお話を伺いました。

子どもと親の関係を見直すこと、その時期を恐れてはいけない、と

家庭教育の大切さを話していただきました。

 

団体ウオッチングコーナーでは、

子育て中のママを対象に“楽しく子育てしましょう!”と

ステキなワークショップを展開している

「ほん和かママ」の皆さんの活動に参加させていただきました。

その内容をお知らせします。

 

子育ては親育て、とも言います。

生まれたばかりの子どもは、全幅の信頼を親(パパやママ)に向けています。

そのつぶらな瞳を、そして心を、曇らせてはいけない、と思います。

パパやママが大変そう、と感じたら

まわりの大人や地域の方々が

ほんの少しでいいから、暖かい手を差し伸べることで

多分、きっと、親も子どもも救われるのではないでしょうか?

 

今回のリエゾンは、大学生が取材・編集してくれました。

さまざまな活動を知ることができて、自分の視野も拡がった、と

充実感いっぱいの笑顔を見せてくれました。

ぜひ、ご覧くださいね!