湘南NPOサポートセンターは、湘南・平塚の中間支援組織です。

私たちは、組織や制度の壁を越え、人々がつながり共に行動する市民社会をつくるため、NPO・自治体・企業・大学等と連携し社会課題・地域課題の解決に向けて活動しています。

「支援」から「共創」へ

地域には自治会をはじめとした数々の地域活動団体や、具体的なテーマに基づき活動するNPO、社会貢献に取り組む事業者、専門分野を活かし地域連携を進める大学等があり、それぞれがつながりながら、膝を交えて話し合い、協力しあって行動することが求められています。

私たちは、そのような人々や組織・団体の方々の活動を『支援』するだけでなく、「気づきとつながり」「出会いと対話」「場づくり」を提案し、具体的な事業や活動支援を通して、地域課題の解決や地域づくりの推進を共に創りあげて(『共創』)いくことに、関わっていきたいと考えています。

about01
about02-1

活動内容

1.地域コミュニティの活動支援

地域組織・市民活動団体のニーズに対応し、市民相互のエンパワメント(湧活)によ って自治の力を高めることを目的に実施しています。

 ※エンパワメント(湧活)… 人びとに夢や希望を与え、勇気づけ、人が本来持っているすばらしい、生きる力を湧き出させること

●ひらつか地域づくり市民大学

市民が主体となって地域課題の解決に取り組むための地域づくりの担い手を育成するとともに、「公」・「民」・「学」との協働のまちづくりを促進します。

●地域活動の調査・研究

市民活動の活性化を目的に、社会の変化を捉え課題解決に向けて活動する地域組織・市民活動団体の活動を調査・研究しています。

ひらつか地域づくり市民大学

2.NPO 法人・市民活動支援

これまでの活動の経験やネットワークを活かして、市民活動に関する相談に応じます。 市民活動団体や、自治会を含む地域組織の皆さんと地域社会の課題に取り組む団体として活動 するとともに、「ひと・もの・こと」のコーディネート等を行っています。

相談

3.ひらつか市民活動センターの協働運営

平塚市との協働によって、市民活動センターを運営しています。

●相談事業

団体の立ち上げや運営、 イベントのPRなど、市民活動に関する相談に対応しています。

●情報の提供・発信事業

チラシの配架やメールマガジンなどの情報発信、活動に役立つ助成金情報の収集ができます。

●市民活動マネジメント支援事業

団体運営に欠かせな い会計・労務・税務、マネジメントなど専門分野の方々の派遣を通じて、団体の立ち上げや運営をサポートしています。

●ネットワーク構築事業

市民活動の実践者や行政、企業、研究者など、様 々な主体との協働を通じて、課題解決に向けたネットワークづくりや問題の共有化に取組んでいます。

相談2

4.出会いと対話と学びの場づくり

社会のために役に立つ活動をしたい、おもしろいことをやってみたい、という方のために「出会いの場」「対話の場」「学びの場」を提供します。
何かを始めたい、一緒にやれるメンバーが欲しい、手をつなぎたいと思っていても、一歩を踏み出すには「出会いや対話の場」が必要です。そのような方のための「場」をつくります。 また、活動を始める際のノウハウや活動を継続する中で生ずる悩みを「学びの場」で解決したいと考えています。経験豊富なメンバー及びアドバイザーがあなたのまちに出かけ、丁寧にサポートいたします。

●「学びの場」の例

「NPO を立ち上げてみたい」「事業計画の立て方」「問題解決力をつけよう」「プレゼンテーション力をつけよう」「チラシ・パンフレットの効果的な作り方」「自治会ニュースで会員増を図る」「助成金・協働事業申請のコツ」「コミュニティビジネス・ソーシ ャルビジネスを立ち上げてみよう」など。

これらの内容はあくまでも一例です。
詳しくはメールでご相談ください。

場づくり

5. 事務局サポート

地域の行事やイベントなどの企画開催、メンバー同士の話し合いや文書作成など、団体活動には欠かせない様々な事務作業をお手伝いします。 事務局を持たない小さな地域組織や設立間もない市民活動団体では、事務作業がうまくできずに一部のメンバーに負担がかかったり、催しが円滑に開催できなかったりすることがあります。そんな地域組織や市民活動団体の活動をより活発にしていただくための事務局作業のお手伝いを承ります。

●「事務局サポート」の例

会議の次第・議事録の作成、司会進行、企画書・報告書の作成、簡易文書の作成 ワークショップの運営、イベントチラシ・ポスターの作成 など。

これらの内容はあくまでも一例です。
詳しくはメールでご相談ください。

メディア

沿革

年度 「湘南 NPO サポートセンター」のあゆみ
2010 年
(H22)年度
6月 NPO の中間支援組織として任意団体「NPO サポート平塚」を設立
6月 吉沢地域の寺子屋プロジェクトの企画・運営に携わる
2月 交流カフェの開催
3月 「平塚市と市民活動団体のはじめての協働事業」発行 200 部
2011年
(H23)年度
4月 地域コミュニティ推進事業 吉沢寺子屋プロジェクト開始
5月 市民活動情報紙「LIAISON」特別創刊号(A2 版)発行
7月 団体名を「湘南 NPO サポートセンター」に変更
1月 事務所及び情報交流サロンの開設 NPO 相談・メディア事業開始
2012年
(H24)年度
4月 平塚市協働事業研修会 講演
6月 講演会「市民自治と新しい公共-まちづくりと市民のちから」
講師:福嶋浩彦氏(元消費者庁長官)
7月 湘南平塚七夕まつり出店(NPOや市民との連携)
8月 企業とNPOとのコラボ企画:木村植物園感謝祭出店
9月 平塚市との共催事業「NPOマネジメント講座」実施
11月 平塚ロータリークラブ例会 講演
3月 NPO法人化
2013年
(H25)年度
7月 湘南ひらつか七夕まつりに出店(NPOや市民との連携)
9月 平塚市との協働事業「第1回ひらつか地域づくり市民大学」開校
12月 「NPO法人の会計講座」実施
1月 平塚市共催事業「コミュニティビジネス講座」実施
2014年
(H26)年度
7月 地域活動訪問・取材活動
7月 情報紙「LIAISON」9号発行
9月 平塚市との協働事業「第2回ひらつか地域づくり市民大学」開校
2月 ひらつか地域づくりサポーターズ発足
2015年
(H27)年度
7月 平塚市との協働事業「第3回ひらつか地域づくり市民大学」開校
1月 あの人と座談会開催 ①「松原自治会の取り組み」②「やわた子ども村」
2月 地域活動情報発信WEB版開始
3月 「ひらつか地域づくり市民大学3年間のメッセージ」発行500部
2016年
(H28)年度
6月 「ひらつか元気地域づくり事例集」発行500部
7月 平塚市との協働事業「第4回ひらつか地域づくり市民大学」開校
10月 平塚市行政提案型協働事業「市民活動センターの協働運営」採択
1月 平塚市部課長対象の協働研修会 講演
1月 「官民連携セミナー~対話による協働のまちづくり」実施
講師:国交省都市局まちづくり推進課官民連携推進室長中村健一氏

組織・役員

坂田
理事長 坂田 美保子(さかた みほこ)

 1994年「食の安全」に関する活動をきっかけとして、子ども支援・スポーツ振興の市民活動や、PTA・子ども会・体育振興会・自治会・青少年補導員などの地域活動にも取り組んできた。自分自身の経験から市民活動団体の信用・信頼を得ることの難しさや情報発信力の弱さを何とかしたいと、元来の編集好きが高じて市民活動をテーマに情報誌の発行等を行う。その後2010年「社会の課題解決に向けて活動するNPOや市民団体の支援」を目的に『湘南NPOSC』を立ち上げ、市民協働のまちづくりに向けて鋭意活動中。 

・協働コーディネーター
・平塚市市民活動推進委員・平塚市協働事業審査会委員長(~H28)
・綾瀬市市民活動応援補助金(きらめき補助金)選考会委員


氏家さん
副理事長 氏家 真美(うじいえ まみ)

 「デザインの力で地域に活力を !」をモットーに活動するフリーランスデザイナー。 「伝わる」ことに重点をおいたチラシ作りを中心に様々なジャンルの広報物を手掛ける。チラシはただ作ればいいのではなく、誰に何を伝えたいのか基本を抑えることが重要と、チラシ作りの「本当に大切なことは何か」を伝える講座などの講師も務める。 ボランタリーな活動であってもクオリティの高さが求められる時代であり、自己満足な広報物では相手に訴えることはできないと、企業、NPO、行政など多様な主体に、デザイン力の底上げを願い活動している。


坂本さん
理事 坂本 著法(さかもと あきのり)

 フトしたキッカケで選挙活動を手伝ったことで、多くの団体の方々とつながり市民活動を実践。当初は、まちのお金の使い方など財政分析や提言に取り組んでいたが、次第に地域福祉、まちづくりなど生活に密着した活動へと関心が拡がっていき現在に至る。 

活動で見えた地域の課題解決には、「地域・市民・議会・行政が相互にコミュニケーションを密にして協働で取り組むことが必要」と、多様なセクターの顔の見える関係づくりを構築中。フットワークの良さを活かして、市内外を駆け巡り顔の見える関係づくりとまちづくりの情報収集に奔走している。真摯な対応は地域や団体からの信頼も厚く、相談者が絶えない。


打田さん
理事 打田 照純(うちだ てるすみ)

平塚市とのかかわりは平成18年4月岡崎地区防犯指導員平塚警察署からの委嘱を受けてから。 

その後、平成21年4月ふじみ野自治会会長(指導員を兼任)、平成24年4月岡崎地区自治会連絡協議会、ふじみ野自治会長(25年3月退任)兼任(同年 平塚市自治会連絡協議会) 

・平成26年4月~28年4月 平塚市自治会連絡協議会四役
・職歴:連合設立時教育文化局長、アジア連帯委員会事務局長 

人生はまちづくりそのものであり、市民がまちづくりの主体であるという理念のもと、退職後は自治会改革、地域づくりを実践。その経験を活かして民主主義の推進・提言活動を続けている。


木村さん
理事 木村 美江子(きむら みえこ)

 ひとりでも多くの方の命を守りたいという思いから、減災活動をつつけて17年。いざ!という時に役立つアイテムを市民の皆さまに紹介、近年はパワーズ段ボールトイレに強い関心が寄せられ各地でワークショップを展開している。一方で、住み良い地域を作りたいという思いから地域の環境美化推進に参画、河内川・あじさいの会の発足時から携わり、約20年に亘って川の清掃やあじさいの植樹及び管理を行う。 「人が動かなければいいまちはつくれあない」と、バイタリティー溢れる押しの強さには定評がある。 

・女性防災クラブ平塚パワーズ 会長
・河内川・あじさいの会 副会長


菅野さん
理事 菅野 由美子(すがの ゆみこ)

女性防災クラブ平塚パワーズ前会長。活動歴12年。平塚市を中心に女性目線を大切にした防災・減災のワークショップを展開している。いつ起こるかしれない災害時に、自分自身、家族、地域を守るために必要なアイテムを紹介し「減災に役立つ知識の備蓄」を実践中。

団体運営の基本は「楽しく!」。「失敗してもやってみることで何かが見えてくる、とにかくやってみようよ」と、現場感覚を大事にしながらも、冷静な判断と企画力・経営力で組織を支える。困ったことがあったら菅野さんに聞く、というくらい団体の信望が厚い。

・女性防災クラブ平塚パワーズ 副会長


打田芳恵さん
監事 打田 芳惠(うちだ よしえ)

親の介護で体調を崩し、精神的にも肉体的にも限界を感じたことの経験から、孤立する介護者の心に寄り添う活動をしたいと、平成11年「平塚市介護の会」設立をきっかけに翌年4月「平塚市介護の会はまゆう」をスタートさせた。
その後「居場所ほのぼの」を設立、介護者がほっとできる居場所サロンを運営、社会福祉協議会の認知症サロンでも活躍している。
趣味の油絵は毎年絵画展を開催するほどの腕前を持ち、また、自身が育てる野菜でつくるお料理は天下一品と地域の方から太鼓判を押されている。


徳永さん1
監事 徳永宣明(とくながのりあき)

日ごろは税理士という堅い仕事をしていますが、子どもの学校のPTA活動や地域の活動にも参加しながら地域の交流を深めています。趣味は皆さんと一緒にお酒を飲むこと(一人では嫌です)

・徳永宣明税理士事務所

【所属】
東京地方税理士会平塚支部
税理士による公益活動サポートセンター

鈴木さん
アドバイザー 鈴木 奏到(すずき かなと)

全国様々な自治体の都市計画や交通計画、まちづくりの現場に30余年かかわる傍ら、子育てを契機に地域デビューして20余年。地元では「横内マイタウンスクール」という親子体験学習型の地域教育活動を主宰している。 

まちづくりはひとづくりの精神の下、国、自治体、学識経験者、有識者、まちづくりに関連する民間企業の方々等、さまざまな人的ネットワークを紡いで力にそして形にしていくことを支援している。 

・一般財団法人計量計画研究所 理事兼研究部長
・技術士(総合監理部門、建設部門) 認定都市プランナー(市街地整備/交通計画)
・NPO法人都市計画家協会会員(横浜支部)
・平塚市社会教育委員、平塚市地域教育力ネットワーク協議会副会長


DSC04548 3
アドバイザー 二宮 雄岳(にのみや ゆたか)

地域金融機関に24年勤務した後、平成26年10月より岩手県釜石市において総務省の制度に基づく復興コーディネーターに就任。地域の継続的互助の体制を確立することを目的に、復興公営住宅コミュニティの地域への融合、地域課題に即したコミュニティビジネス等の立ち上げ及びコーディネーターの育成支援、子どもから高齢者までを包摂する「地域包括ケア」の先導的モデルの構築の他、津波で壊滅的な被害を受けた中心市街地の再建活性化支援等を担当している。 

・釜石市リージョナルコーディネーター協議会 釜援隊 隊長
・中小企業診断士(H13商業) 1級販売士(H19)
・「平成28年度全国商工会連合会地域活力活用・専門家派遣事業」登録専門家

梶田教授
アドバイザー 梶田佳孝(かじたよしたか)

都市計画・交通計画分野に関して,科学的手法を用いて地方都市を対象に幅広く都市・地域の抱える問題に対して政策・計画の概念,制度,プロセス,手法,評価を検討する研究を行っています。

・東海大学工学部土木工学科教授

【専門分野】
都市計画、交通計画

【現在の研究課題】
土地利用計画に関する研究
都市・地域政策・計画の策定に関する研究

設立趣旨書・定款